かっこいいキャッシング
ホーム > メンタルヘルス > 強迫性障害

強迫性障害

強迫性障害は精神障害の一つですが、

精神障害の日本における精神医療関連法規の歴史は、

江戸期以前の精神医療関連法規です。 

桓武天皇の時代(759 年)の編纂され、

わが国に伝承される最古の医学書とされる最古の医学書とされる「藥經大素」には、

牛黄その他、漢方薬の薬効の中に、精神症状に関する記載があります。

すなわち、この時代すでに、精神の異常が薬物による治療の対象である

といった考えが中国からわが国に伝来していたのです。

法令中にみられる精神障害者の処遇に関する記述も、

古く奈良時代以前にさかのぼるといいます。

奈良時代以前から江戸時代に至る医療に関する法制を詳細に検討し、

その中で、精神障害に関する記述にも着目し、

それによれば、702 年に制定された大宝律令には、

すでに、精神障害に関する記述がみられるといいます。

大宝律令には、精神の重い障害のある者が犯した犯罪に対しては罪を減じ、

その供述を証拠と認めないといった規定があったようです。

RMM本田式強迫性障害 リカバリーマインドメソッドのレビュー